はじめてお越しくださった方へ。

このブログには拍手コメント経由で
コメントを下さる方が割と多いです。
(内容が内容だからかな?)

世の中には
かなりの数の毒親に悩んでいる方が
いらっしゃるんだなぁ・・・と
心強いような・・悲しいような・・・
微妙な気持ちになりますね。


でも
「このブログで救われました」
というお言葉を頂けると
あー、こんな一方的な毒出しブログでも
少しは役に立てたのか・・・と
嬉しく思います。


コメントを下さった皆さん
どうも有難うございます。


************


2014.1月追記


ログインしない間に
あまりにも沢山のコメント頂くので
お返事が全く追いつかず放置状態となってしまって
申し訳ありません…。
コメントはひとつ残らず拝見しておりますので
何か一言いいたい!!という方は
お気軽にどうぞ。
非公開コメントも歓迎致します。


また昔のことと現在のことを
思いつくままに書いている為
時系列が分かりにくくなっています。
すべて書き終えた時に
分かりやすい一覧でも作ろうと
思っていますので
しばらくはこのままご容赦下さいね。


************

2015.11追記

お返事を書けない状態で
コメント欄、拍手欄を設けているのも
どうかと思ったため削除しました。
完全な独り言ブログですがよろしくお願いします。


スポンサーサイト
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

靴の思い出。

男の子の靴って本当に持たない…。
すぐに穴を開けて帰ってきます。

NHKドキュメンタリー
子供の貧困について取り上げていて
録画して観たのだけど
そこに出ている子の靴がボロボロで
ふと自分の事を思い出しました。
(余談ですがNHKに出演している貧困家庭の
子はスマホを所持していて、息子が
『どこが貧困なんだ!!まずはそのスマホを
手放せ』と怒っていました)


毒母はミニモニサイズ(身長140cm代)で
足も小さい。
大人用の靴ではなかなか合うサイズが
見つからないようで…。

対する私はバカの大足。
足だけがミッキーマウスのように
ぐんぐん成長していきました。
(でも身長158で24cmなので別に標準よね?)

それが毒母には気に入らないようで
靴がサイズアウトするたびに
チクチクチクチク嫌味を言われ
しまいにはサイズが合わない
小さめの靴を履かされるように。
(まるで中国の纏足)

毒母の言い分は
大きいサイズを履くからどんどん足が
成長していくんだ。
我慢して小さめを履けと。

「バカの大足!!!」と
何度罵られたことか…。


おかげで
足の親指は巻き爪、外反母趾気味の足の
出来上がりです。


我が家は決して貧乏だったわけじゃないのに
お金の掛け方を間違っていた毒母のせいで
私は貧困家庭並みの生活を強いられていました。

NHKの番組を観て
ふとそれを思い出しちゃったんですね。

子供にはボロを着せて
自分だけウン十万の毛皮で着飾る。
(そういえばあの毛皮を着ているの見たの
数回だけだな)

車2台持ちのくせに
父には車を使わせず自転車で
出勤させる。

進学したいという私には
学費を出し惜しみ
勉強嫌いな弟には
塾・家庭教師・怪しい教材などに
大枚はたく。



自分の為にはお金を使うが
人の為には絶対に使わないってタイプね。



私がバイトしている頃もよく

「世の中の子供ってのは
初めてのバイト代で親に何かを
プレゼントするものなのにグチグチ…」

とねちっこく言ってきたっけ。








にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

tag : NHK 貧困 ドキュメンタリー

家系図の話(これが最終かな?多分…)

業者に依頼した家系譜にところどころ
誤りがあったので
エクセルを使って自分で修正を
加えています。

毒母の家系の分が昨日ようやく
終わったのですが
(何度も言うようですが父方と違って
複雑なので本当にしんどかった)
そこで初めて気づいた点が…。

毒母の父の父(私から見て曾祖父)は
2回結婚していて
2度目の奥さんの第一子が祖父(毒母の父)なんです。
1度目の奥さんとは子供が出来ても
育たなかったらしく、昔は後継ぎが出来ないと
離縁させられたという話も聞くので
それで…なのかな?くらいにしか思っていなかったのですが。

2度目の奥さんというのが1度目の奥さんの妹!

別れた旦那と冠婚葬祭のたびに
顔を合わせなきゃいけないし、
新しい嫁が自分の妹なんて何の罰ゲームなのさ!

でも、ほら、昔は長男が亡くなると二男坊を長男の嫁さんと
結婚させるってのも聞いたことがあるので
その逆バージョンなのかな…と無理やり納得してみました。
(今と違って家と家の結婚なので、長女は後継ぎを作ることが
出来なくてごめんね、その代わり下の妹を送るわ、みたいな感覚
なのかな、と)

が。


よくよく見てみると
前の奥さんと離婚したのが2月。
次の奥さんと再婚したのが4月下旬。
祖父が生まれているのが5月上旬。

色々と計算がおかしい…。


そして…。


毒母自身もまた…
両親が結婚してから
ひと月もせず生まれています。
(いちいち結婚の日付まで気にしてなくて
昨日初めて気づいたのです)


もちろん毒母もデキ婚です。
(その時のお腹の子は私じゃないですよ)


恐るべしデキ婚家系



お陰様で、私と弟はデキ婚ではありませんが。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

家系図でわかる人生を明るく変える因縁学 [ 武居範導 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/15時点)




今、↑こちらの本を読んでいるのですが
家系図を調べた後で読むと尚面白いです。


毒母と叔母が遺産(多分スズメの涙ほど…)を
巡って大喧嘩をしたことなどは
もしかしたら何世代か前でもあった出来事なんだろうか…と
考えてしまった。

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

tag : 毒親 家系 因縁 連鎖

祝★6周年。

今年で毒母と絶縁してから無事6周年、7年目に入りました。
最初の絶縁が初めての一人暮らしの時で
約2年。
一時の気の迷いと毒母の「改心したから」の声に
騙され、実家に帰ったものの
元の木阿弥でほんの数か月で再び家を出て
2回目の一人暮らし。
こちらが丸6年。

結婚することになり
あちらのご両親の手前
絶縁状態のままというわけにもいかず
再び連絡を取るようになったら
まぁ調子づくこと!!
独身時代は私のことを所有物のように
扱っていましたが
結婚してからは
私の子供も私の旦那さえも
自分の所有物だと勘違いするように。

そして6年前の引っ越しの際に
再び絶縁。
(このブログの初期の頃です)


先日、家系図の件で
父と話していたら
毒母が私の自宅の電話番号を
知っているらしいとのことで
心底ゾッとしました。

よくよく思い返してみると
祖父が亡くなった時に
毒母に住所がバレるのが嫌で
香典袋に電話番号だけは書いたんだった。
(今思えばバカ正直に書かなくても
良かったと思う。別に名前だけでも
良かったんじゃん、と)


自宅の電話番号は非通知は着信拒否に
しているのですが
先日、着信履歴を見たら
早朝の6時に着信がありました。
怪しい…。

もう毒母も昔のようにパワーはないので
わざわざこちらの方へ突撃してくることもないと
思うけど
バリバリのストーカー体質なので
油断できません。


目下の悩みは縁起でもないけれど
父の寿命があとわずかであろうこと…。
(本人至って健康です)

父方の家系がなぜかみんな早死で…。
江戸・明治のご先祖様は
85歳くらいまでと当時にしては
相当長生きだったのにもかかわらず
父の父母の代から急に寿命が短くなってるんです。
父の上の兄弟もほとんど亡くなり
父の上はお姉さんが1人残っているだけ…。
(父は7人兄弟の5番目)
その法則に則ると
あと5年は生きられない…。

ま、まぁ父だけが長生きする可能性も
あるけどね!!

とにかく父が亡くなってしまったら
防波堤がなくなるので
毒母の存在が今より恐ろしくなりそうで
不安なのです。

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

家系図の話の続き。

母方の家系図を見て気になったことは
前回の子供が早世していることもそうなんだけど
(成人して若くして亡くなっている人もちらほら…。
私の伯母も32歳で亡くなっていますが、取得した戸籍上では
そこまで記載されていないので
もしかしたら他にも沢山いるのかもしれません)
離婚、再婚が多すぎ!!!


前回の記事で書いた曾祖父の兄が
ダントツですごい人でしたが
その他、女性でも離婚している人が多いし
これまた戸籍上には記載されていないけれど
うちの毒母の妹も離婚→再婚→現在別居だし
祖母と祖父も離婚しているんです。
(戸籍上は離婚しているけれど最終的には
一緒に暮らしていた)
うちの毒母と父も離婚こそしてないけれど
危なかったことが何度もあったし。
夫婦喧嘩が絶えなかった。


離婚、再婚家系は連鎖すると聞いたことが
あるけれど
これは一理あると思う。

幼い頃の複雑な家庭環境がそうさせるってのもあるし、
離婚しやすい性格(他人とうまくやっていけないとか?我が強すぎるとか?)
が遺伝子上に組み込まれているからってのも
あるんじゃないかと。
あとは異性になびきやすい性格もあるのかなぁ…?


ただ…
母方の家系が全員が全員そうなわけではなく
祖母の妹は突然変異?というくらい
全然違う性格なんです。

旦那さんが早く亡くなったのに
その後も再婚せずに
女手ひとつで息子2人を立派に育て上げ
今でも一人暮らしをしているそうで。

私からすると大伯母にあたるのかな?
この人は本当に優しくておっとりしていて
遊びに行くといつも可愛がってくれて
大好きでした。

家系図の整理をしている時に
ふと思い出して
父に電話番号を聞いて思わず
かけてしまいました。
相変わらずおっとりしていて
ほんわか素敵なおばさまでした。


祖母が両親シングルマザーから生まれているので
育ちに問題があったのかなぁ?と思ったけれど
妹の大叔母は全然違う性格なわけだし
毒の連鎖はどこが発生源なんだろう…と不思議に思います。
まぁ同じ親でも兄弟に差をつけて育てた可能性が
あるので実際には分からないけれど。


ちなみに前にも書いたと思いますが
母方の家系は(苗字の存続という意味では)
毒母の代で終わりです。
毒母の弟が現在も独身なので…(確か皇太子さまと
同じ年齢)。


そういえば話は飛びますが
「七代先まで祟ってやる」という言葉の意味は?
に対する答えを見つけたのですが


血の濃さは8代目には1%を切るので赤の他人と同じになる。
本人 100%
子  50%
孫  25%
4代  12.5%
5代   6.25%
6代   3.125%
7代   1.5625% 
8代   0.78125%



だそうで、
妙に納得してしまった。





にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

プロフィール

トン子

Author:トン子
トラ子→トン子へ改名したので
文中の名前がややこしくなってるかもしれません…。
今年の1月で毒母と絶縁してから6年経ちました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも一覧

スローライフで円満夫婦

ときたま(MEGU)日記☆
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター