FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

はじめてお越しくださった方へ。

このブログには拍手コメント経由で
コメントを下さる方が割と多いです。
(内容が内容だからかな?)

世の中には
かなりの数の毒親に悩んでいる方が
いらっしゃるんだなぁ・・・と
心強いような・・悲しいような・・・
微妙な気持ちになりますね。


でも
「このブログで救われました」
というお言葉を頂けると
あー、こんな一方的な毒出しブログでも
少しは役に立てたのか・・・と
嬉しく思います。


コメントを下さった皆さん
どうも有難うございます。


************


2014.1月追記


ログインしない間に
あまりにも沢山のコメント頂くので
お返事が全く追いつかず放置状態となってしまって
申し訳ありません…。
コメントはひとつ残らず拝見しておりますので
何か一言いいたい!!という方は
お気軽にどうぞ。
非公開コメントも歓迎致します。


また昔のことと現在のことを
思いつくままに書いている為
時系列が分かりにくくなっています。
すべて書き終えた時に
分かりやすい一覧でも作ろうと
思っていますので
しばらくはこのままご容赦下さいね。


************

2015.11追記

お返事を書けない状態で
コメント欄、拍手欄を設けているのも
どうかと思ったため削除しました。
完全な独り言ブログですがよろしくお願いします。


スポンサーサイト
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

前回の続き。

Cメールの内容は相変わらず
日本語覚えたての留学生のような
変なスペース、改行、お得意の文末の!マーク。

<原文ママ>

おつかれさま前
Tおばさん に電話して 会
いたがっている。
87歳になるし、いつどうなるかわからないから、
最後に会いたいって!



なんで?なんで?
私の携帯番号を毒母が知ってるの?!

私は怒りで取り乱し
すぐさま父の携帯へ電話しました。

「どういうことなの?!ばばぁからメール来てるんだけど!
なんで人の携帯を教えたりするの?!」


父は
「だっていくら隠したって
バレるだろうよ~」
と半笑いな感じで
それが余計に私の怒りを増幅させました。

「今回はTおばに会いにいくからってことで
そっちへ行くことにしただけなのに
何を勘違いしてるの?!調子に乗らないで。
私は一生許さないってあいつに伝えておいて!!!」


父は面倒臭そうに
「あぁ、わかった、わかったよー」
と言っていましたが
そばにいた毒母が

「そんなこというくらいなら来なくていい!!!!!!」

とブチ切れてるのが聞こえたので


「一生いかねーーーよ、ばーーーーか」


と小学生のようなセリフを吐いて
携帯を切りました。


その後は何もないまま現在に至ります。


今、父やTおばが急逝するようなことがあったら
私は一生後悔するのかなぁ…。

毒母のことは我慢すれば良かったのに…と
思うのかしら…。


もう私は不惑をとうに過ぎたというのに
毒母を前にすると
小学校高学年~中学校くらいの自分に
タイムスリップしてしまいます。


お願いだから早くこの世から消えて欲しい…。

父やTおばより早くこの世から…。

本気で思ってしまいます。

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

近況。

すっかりご無沙汰していました。

今年の5月~6月にかけて
ちょっとした事件(というほどでもない)があったのですが
なかなかブログに書く気になれず…。

今さらですが記録のために一応残しておきます。を


うちの父親の家系は若く亡くなる人が多い早死に家系でして…
父自身もよく「おれは50まで生きれば十分だ」と言っていました。
なので私も父は早く亡くなるんだろうと思っていたのですが
なんだかんだ70を無事に超えあと1年半ほどで
「後期高齢者」の仲間入りです。

子供たち(父からすれば唯一の孫。弟夫婦に子供がいないので)も
小学校の高学年になり
きっとあと数年すれば実家にはこちらが勧めても
行かなくなるでしょう。

父には子供を会わせてあげたいけれど
毒母には絶対に会わせたくない…のジレンマ。

そんなところへ
父から
「Tおばさんが会いたいと言っている」との
電話が来て…。

Tおばさんとは母方の祖母の妹。

母方では唯一まともな思考の人です。
(母方は本当にキチ〇イ系ばかりなので)

若くして未亡人になり
ずっと団地で一人暮らしをしています。
小さい頃に遊びに行くと
たくさんのご馳走やおいしいお菓子を
振舞ってくれて本当によくしてくれました。
私が高校入学時も
毒母の代わりに同行してくれたことがあります。

Tおばさんはもう今年で87歳なので
会うならなるべく早いほうがいいに決まっています。

私の大好きなTおばさんを引き合いに出されたら
毒母が…などと言っている場合ではないかもと
私も思い直し
実家に帰ることになりました。

私のプランでは

実家へ行く

父に子供たちを会わせる
(といっても毒母もいるので
祖父の葬儀の時と同じく
私は空気のように扱う予定)

近くのビジネスホテルに宿泊

自宅へ戻る前に
Tおば宅へ寄る


こんな感じでした。


が、実際にビジネスホテルの予約も取り
あと3日後には出発という時点で
なんと…。

毒母から私の携帯にCメールが届いたんです!!!


長くなったので一旦切ります。
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

tag : 毒母からメール 毒母 無視 絶縁

やっぱり前世ネタが好きなもんで…。

毒親関係の本って訳じゃないんですが
まぁ本の紹介(しかも電子書籍です…)になるので
このカテゴリで失礼しいます。


昔から「前世」ネタに異常に惹かれて
そういう関係の本を読み漁ったり
前世療法(個人ではなく、グループセッション)を
試したりしたことがあります。

(ちなみにグループセッションの時はほっとんど前世らしきものは
見えませんでしたけど)

個人セッション、試してみたいけれど
信頼できるセラピストかどうかを見極めることが出来ないので…。

そういえば10年くらい前に
持っていた本…。

今すぐ前世がわかる本―ヒプノセラピー催眠療法で前世の自分に会いに行こう (TJ MOOK)



この付属のCDでセルフ療法をした時に
ものすごく深い催眠に入りそうな感覚になって
途中で怖くなって意識が現実に引き戻されたことが
あるんです。

有名なワイス博士の前世療法 (瞑想CDブック)では
全然ダメだったのに
前述のCDの方が私には合っていたのでしょうね…。

その後、断捨離の際にこの本も処分してしまって
でも少し前にまたチャレンジしたいなーと思ったら
もう絶版になっていて(泣)
しかもアマゾンでも高値になっていて
うわー手が出ないわーと激しく後悔しました。
(今は安くなっているようです)

私は幸いなことに最近メルカリで
安く取り戻すことが出来て
時間があるときに挑戦しようと楽しみにしているところです。

で、これとは別に
Kindle Unlimitedのお試しを今していまして…
読んだのがこちら。

人生の法則: 3,000人の前世療法から明らかになった真実


こちらの本の存在は以前から知っていたのですが
レビューの評価が恐ろしく良くて!
それがかえって怪しく感じて
手が出せなかったんです…。

前にも電子書籍で異常にレビューが良いものがあって
読んでみたらガッカリ~。
もしかしてレビュワーはみんなサクラか?!てなことがあったので。

でも読み放題なら失敗してもいいか!と
ダメ元で読んでみたのですが
これがまぁレビュー通り良い!

前世療法体験者の話がいくつか
出てくるのですが、
毒母持ちの方のお話が最初の方に出てくるのです。

今までもいろいろな本を読んできて
「どんなにひどい親でも自分が事前に選んできて生まれてくる」
という説を見て
「そんなはずない!そんなの信じない!!」
と憤慨していた私ですが
この本のエピソードを読んだら…

え…マジ?

だとしたらうちの毒母超いい人なんじゃん!みたいな(笑)

まぁ現実はそう簡単に気持ちをかえるわけにはいきませんが…。

よく言われる親を選んでくるだの
人生のシナリオは自分があらかじめ決めてきたものだ、などの
説をちょっと信じる気持ちになるお話ではありました。


もし、こういう系のお話が好きな方は
一読されることをお勧めします。

(でも胡散臭くて嫌う人の方が多いよねー、きっと)



にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

tag : 毒親 前世療法 ヒプノセラピー

この一年平和でした。

ふと気づけばまた一年近くブログを更新していませんでした。

ということは…毒親関連で事件がなかったということ。
私にとっては良いことです。

東日本大震災のあった年に絶縁をしたので
毒母と会わなくなって7年経過しました。
私の人生で最長記録です。

父方の家系は皆、寿命が短いことを考えると
父のお迎えもまもなく…でしょうか…(←ひどい)

そういえば父とも随分連絡を取っていないような気がします。

今、頭が痛いのは
終活問題

きちんとした人は子供に迷惑が掛からないように
徐々に身辺を整理して
生活をコンパクトにしていく年齢だと思うのですが…
毒母自体が毒母の両親の後始末に追われている状態らしいので…。
(大震災の年に亡くなった祖父名義の空き家が
そのまま放置されていて、北関東まで行って
何度も通っていたとかなんとか←父談)

この年になってまた新しく犬を飼い始めてるし
不動産もどれくらい手を広げているのか
私には分からないので
もし何かあって毒母が亡くなった時に
どうなるのか考えただけでも恐ろしいです。


一番良いのは毒母が父よりも先に逝くことなんだけどね。
確率的にないな…。
交通事故に何度遭っても死なない女ですから。

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

tag : 毒親 終活問題

プロフィール

トン子

Author:トン子
トラ子→トン子へ改名したので
文中の名前がややこしくなってるかもしれません…。
今年の1月で毒母と絶縁してから7年経ちました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも一覧

スローライフで円満夫婦

ときたま(MEGU)日記☆
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。