スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

はじめてお越しくださった方へ。

このブログには拍手コメント経由で
コメントを下さる方が割と多いです。
(内容が内容だからかな?)

世の中には
かなりの数の毒親に悩んでいる方が
いらっしゃるんだなぁ・・・と
心強いような・・悲しいような・・・
微妙な気持ちになりますね。


でも
「このブログで救われました」
というお言葉を頂けると
あー、こんな一方的な毒出しブログでも
少しは役に立てたのか・・・と
嬉しく思います。


コメントを下さった皆さん
どうも有難うございます。


************


2014.1月追記


ログインしない間に
あまりにも沢山のコメント頂くので
お返事が全く追いつかず放置状態となってしまって
申し訳ありません…。
コメントはひとつ残らず拝見しておりますので
何か一言いいたい!!という方は
お気軽にどうぞ。
非公開コメントも歓迎致します。


また昔のことと現在のことを
思いつくままに書いている為
時系列が分かりにくくなっています。
すべて書き終えた時に
分かりやすい一覧でも作ろうと
思っていますので
しばらくはこのままご容赦下さいね。


************

2015.11追記

お返事を書けない状態で
コメント欄、拍手欄を設けているのも
どうかと思ったため削除しました。
完全な独り言ブログですがよろしくお願いします。


スポンサーサイト
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

毒母持ちの方に読んで欲しい。

TwitterのTLで流れてきたこちら↓

VERY妻になりたかった母の死から学んだこと


記事の後半に毒母持ちなら
うんうんとうなずいてしまうことばかり
書かれています。


母を嫌いだったからこそ、私は彼女のようにならずにすんだ。

もともとの家族がダメでも、人はみずからパートナーを選んで、新しい家族を作れる。



本当にその通りです。

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

銀歯の思い出。

またまた更新が空いてしまいました。
今日は前回の続きではなく
小学生時代に話が飛んでしまいますが
お許し下さい。


先日、子供たちのフッ素塗布の為に
歯科医を訪れました。
そのせいで夜寝る前にふと思い出した出来事が
あるのでそのことについて書きます。

前にこのブログにも書いたかもしれませんが
私は幼稚園の頃から虫歯があって
ガッツリ銀歯が入っていました。

これはまだ幼稚園の頃の話なのですが
友達のお母さんからもらったソフトキャンディを
食べながら自宅へ向かっていた私。
なにやら口の中に違和感が…?
ソフトキャンディを口から出してみると
金属が混入してる!
子どもながらに何だろう…と思いつつも
金属を取り除きポイっと道端に捨てて
そのままソフトキャンディをまた
食べ始めました。(汚い行為ですが幼稚園児なので…
目をつぶってください)


それからしばらく経った日のこと
銀歯が取れてなくなったいることに
気付いた毒母がカンカンになって怒りました。


という出来事を踏まえて…
小学校時代に飛びます。

まだ入学したての頃の話だと思います。
新しく友達になったカズミちゃんという子の
家に遊びに行くことになりました。
(今思うとこの子と仲良くなれる要素が全くないのに
何故この時遊ぶことになったのか謎です。)
そこで出されたのがキャラメル。
バカな私はキャラメル系を食べると
銀歯が取れるということを学習しておらず
喜んで頂きました。

そして
はい、取れました。

今回はさすがにポイしませんでした。
が、死ぬほど怒られることは記憶していたので
取り乱しました。
カズミちゃんのお母さんに
泣きながら
「怒られるからボンドを貸して欲しい。ボンドで
銀歯を留めたい」
と訴えました。

カズミちゃんのお母さんは困惑気味に
「ボンドで留めたとしてもすぐに
取れちゃうよ。ちゃんと歯医者さんで
留めてもらった方がいい」
と私を諭しました。

が、私は激しく泣いて

「お願い。ボンドを貸して。お母さんに怒られる」

と再度訴えました。


結局、ボンドは貸してもらえず
取れた銀歯を手に自宅に帰ったのでしょう。
(でしょう、というのはここからの記憶が全くないのです。
ボンドを貸してもらえなかったことは覚えている)

翌日、カズミちゃんは面白おかしく
クラスメイトに昨日の私の話をしていました。

「怒られるからボンド貸してってうちの
お母さんに泣きついてたんだよ」

それ以来、カズミちゃんと遊ぶことは愚か
話すことはありませんでした。
中学まで一緒でしたが
カズミちゃんはどこか私を上から目線で
バカにする…そんな感じでした。


カズミちゃんにしてみれば
銀歯が取れる→親から死ぬほど怒られるなんて
図式は想像すらできなくて
私がなんで気が狂ったように
泣いていたのか分からずに「変な子」と
認識したのだと思います。


それにしても30年以上の前の記憶が
パッと蘇ってくるなんて我ながらすごいなー。

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

宗教。

私が小さいころから毒母はある新興宗教を信仰していました。
新興宗教といっても悪徳という雰囲気はなく
子供のころの私は普通の神社というかお寺のようなところに
お参りに行くという感覚でした。

その宗教毒母が、というよりも毒母の母(つまり祖母)が
入っていてその流れで…というもののようでした。

七五三のご祈祷もここでやった記憶があります。
小学校低学年だか幼稚園の頃にここに行った際に
駐車場から本殿までの道で私がはぐれてしまい、
ようやく私を見つけた毒母に死ぬほどぶたれた記憶があります。
周りに沢山人がいる中で罵声を浴びせながら
何度も何度も殴ってきました。

私は毒母とはぐれて迷子になることがしょっちゅうでしたが
それは決してフラフラして注意散漫な子供だったからでは
ありません。
どちらかというと慎重で臆病な子供でしたから
なるべく離れないように歩いていたと思います。
毒母は私と手をつなぐという行為は
私の記憶する限りでは一度もなかったので
それが原因なのではないかと思います。
小さい子供はすぐに大人の波に揉まれて
自分の親を見失ってしまいますから。

毒母はまた手をつながないだけでなく
私から目を離さないようにするなどの
基本的なこともしていませんでした。
毒母と祖母が一緒にいれば
二人はもうおしゃべりに夢中で
子供のことなどほったらかしです。
もしすぐそばで誘拐されても
きっと気づかなかったのではないでしょうか。


話を戻します。

その宗教を毒母が信仰していることで
私には特に害はなかったので
何も思わなかったのですが
中学を卒業する頃でしょうか…。
急に信仰に熱心になり始めたように思います。
そして弟がグレ始めた頃からは
ますますヒートアップし
ある日、手に包帯を巻いた毒母が
弟が帰るのを待ち構えていました。
(これは私がまだ実家にいた頃の話です)

どうも弟が非行に走ったのは
狸が憑いているからとかで(どうなの?これ…。
狐とかはよく聞くけど狸って…)
それを除霊するためには
本人がお祓いに出向くのが一番だが
代理の人がお祓いを受けて
そのお祓いを受けた手を何も触れないように
帰宅し、(だから包帯を巻いていた)
お祓いをしたい本人の頭を撫でると
同様の効果が得られる、とか何とか…。

帰ってきた弟がそれを聞いて
ますます怒り
取っ組み合いの喧嘩に発展したのを
見たことがあります。

面会から帰ってきた私に毒母は
グチグチとまた何かを言ってきましたが
私もダルいので右から左へと聞き流していました。
すると

「そうやって他人事みたいに!
Tが何かをしでかせばあんたにも飛び火するんだよ!!
分かってるの?!」

とギャーギャー喚きはじめました。


その当時で言えば…宮崎勤の家族が
彼の犯罪のせいで婚約破棄になったり辞職することに
なったりしたことは知っていましたが
その時の私は
「弟と私は別の人間だから弟が何をしても
私には関係ない」
と思っていました。

「弟がこうなったのも全部あんたのせいだから
飛び火するのはあんたにであって私ではない」

と。


でも毒母は
弟がグレたのは私のせいもあるのだと
言ってききません。
私は弟がグレるまではふつうの姉弟の関係だったと
思っていますし、私が弟の人格形成に影響を与えたとは
到底思えないのですが…。
正直言ってグレたいのはこっちの方だよと言いたい。

弟は私と違って欲しいおもちゃは買ってもらえていたし
自転車だって早い段階で買い与えられていた。
(私は高学年になるまで16インチの自転車で我慢させ
られていました。16インチですよ!幼稚園児が乗るサイズです)
お小遣いを一度ももらったことがない私とは反対に
弟はきちんと与えられていました。


毒母は宗教の広報活動(っていうんですかね?)として
パンフレットのポスティングをしているらしく
それを私に手伝えと言ってきました。

正直なところものすごく
嫌でした。

でも夜だったし
誰に見られるわけでもない。

これをやることで毒母がおとなしくなるなら
その方が楽だと思った私は
一緒にポスティングに出かけることしました。




にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

tag : 毒母 宗教

弟が…。

とりあえず私は父に連絡を取りました。

「ババァ(家出をしてからはこの呼び名です)から電話があったんだけど
なんでか知ってる??どうしてうちの番号知ってるの???」


父の話によると
毒母は父と私は必ず連絡を
取り合っていると思い、
NTTの通話明細を取り寄せた。
それに見知らぬ横浜の番号が
何度か載っていたので
あたりをつけて電話をしたのだろう、とのこと。


家では高校生になった弟が(入学して
すぐ辞めてしまったので実際は無職?)
相変わらずヤンチャな日々を送っていて
毒母がいつもキーキー切れているようでした。

一度、弟から電話がかかってきて
「しばらくの間泊めてくれない?」と
頼まれたことがあります。
私は快諾して弟を家に招き、
「自由に使っていいからね」
と仕事に出かけたのですが
翌日帰った時には(私は宮川くんの家に泊まった)
「お世話になりました」との書置きと共に
消えていました。

後の話によれば
弟はワンルームマンションというものはそれまで知らず
広い部屋で悠々と私が暮らすのを想像していたらしく…
狭いうさぎ小屋のような部屋を目の前にして
「こりゃ、居候は無理だな…」と悟って
帰っていったそうです。


そんなある日のこと。
あれは夏だったと思います。
毒母からまた留守電にメッセージが入りました。
その内容は

T(弟)がまた悪いことをして(何をしたか忘れました)
警察に捕まった。
今回は鑑別所(だったかな?よく覚えていません)
に入っているのでお前に面会に行って欲しい。


この頃の弟はまさに尾崎豊の歌ばりに
盗んだバイクで走ったりしていたそうで
その頃に同級生が2人事故で亡くなりました。

過去記事でも触れたことがありますが
その時に毒母がしきりに
「T(弟)も死んで金になってくれたほうが
良かったのに!!Kの親は保険金が入って
ホクホクしてるのに」
と言っていました。

とんでもないクズだ…と思いましたが
この話を私の前だからしていたのか
弟本人も言っていたのかは分かりません。


さて、父と私の2人で面会に行きましたが
付き添っていた職員がすごく高圧的な態度で
とてもじゃないけれど気軽に話せる雰囲気では
ありませんでした。
いつも偉そうに少年たちを指導しているので
他の人にも自然とそうなるのか
非行少年の身内もどうせクズなんだろと
見下しているのかは知りませんが…。

話す内容もいちいち速記で記録されるので
なんとなく嫌で
ほとんど何も話さずに帰りました。






にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

プロフィール

トン子

Author:トン子
トラ子→トン子へ改名したので
文中の名前がややこしくなってるかもしれません…。
今年で毒母と絶縁してから4年経ちました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。