FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

生徒いじめをする女教師。

いつもは毒母ネタを書いているんですが、
今回は番外編ってことでいいですか?

実は私って行く先々で年上の女から
嫌がらせを受けることが多くて(お局タイプに
目をつけられる)
今の性格だったら割と気も強くなったので
(何さ、くそばばぁ!!)って
はねつける事も出来るのでいいんですが、
小学生の頃などは本当におとなし~子で
出欠をとる際に返事をしても
声が小さくて欠席扱いになってしまった
事があるほどだったので、
そんな状態で家でも学校でも
信頼できる年上の女性が居ないのは
本当に辛かったなぁ~~~~、と
しみじみ思い出して
その事を是非吐き出したいと思ったのです。
(すっげー、長い文章。どこかで切れよって
感じですね)

幼稚園時代は目をつけられてってのは
なかったんですが、
やっぱりおとなしかったんで
「コイツはダメ」っていう烙印を
押されていたんですかね・・・。

年長時の担任が結構キッツい
場末のホステスのような女で
今思うとどー見ても幼稚園の先生向きじゃない
人でした。

お遊戯会でおやゆび姫をやることになり、
自分のやりたい役を挙手で決めることに。
普段は引っ込み思案な私でしたが、
「つばめ」役(ラストでおやゆび姫を助けるあれね)
をどーしてもやりたくて(多分・・・)
手を挙げました。
手を挙げたのは私1人。
当然、ライバルがいないので即決かと
思われましたが・・・・。

何故か「つばめ」役は他の役をやりたいと
言っていたKちゃんがやることになり、
私はあまり劇に影響のないちょうちょ役を
やることになりました。
(3人いるうちの1人)

これは私だけでなくて、
主役のおやゆび姫をやりたいといっていた
Mちゃんも無理やりもぐらのおばあさん(だっけ?)
役に回されていたので、
多分、担任マリコ(という名前だった。フルネームで
覚えてるわ。記憶力いいわね、私)
が、適役と思われるものに園児を割り振ったんだろうな。

おやゆび姫はクラスでも小柄で可愛い顔立ちの
子がやっていた。(本人はやりたくなさそうだったのに)

結構、この事は私のトラウマになっています。
だってなりたい役に勇気を出して立候補したのに
「お前には向いてないから」って言われたような
もんですからね。
(この記憶は子供目線のものなので実際がどうだったのか
は不明ですけど)


その後、小学校入学を機に
違う町へ引っ越して、
ただでさえ引っ込み思案でおとなしかった
私にますます拍車がかかりました。

低学年の頃は下校班みたいなのがあって
強制的にそのグループで帰らなくては
ならなかったんだけど
その中の女子2人がすっげー意地悪で
いいように使われていました。
下校ルートも私には遠回りだったから
その下校班で帰るのが嫌で
こっそり抜け出して
他のクラスの友達と帰ったりもしてたな。

1年、2年と女性の先生。

特別に意地悪をされた記憶はないけれど
かと言って優しく接してもらった記憶もないです。
先生にとって存在感のない私のような生徒は
どーでもいいっていう感じというか。

家でも「お前はダメだ」って刷り込まれていたし、
学校でも「あぁやっぱり私なんてダメなのね」と
思って縮こまっている、そんな感じだったかな。

それが少し変わったのが3年生の時。

初めて男性の先生が担任になりました。
男性の先生はやっぱり女性の先生とは違う。
女性って感情的な部分がどーしても出てくるじゃない?
そこが毒母とダブるんだよね。
でも男性の先生はいつも同じテンションで
常に冷静な判断をしているなと感じた。
何より今まで学校生活で萎縮していた私が
「あ、学校って楽しいかも」
と思い始めたのもこの頃。

そして4年生になってまた
別の男性の担任に代わって、
この先生が私の人生を変えてくれまして・・・。
私、絵を描くのが唯一の特技だったんですが
それを先生が見抜いてくれたというか
目に留めてくれたんですね。
で、クラスで紙芝居大会というのを
やろうということになり、
絵の得意な私が率先して作業を
進めることになりました。
このことがきっかけで自信がついて、
性格がすごく変わったんです。
この時の先生には今でも会って
御礼を言いたいです。

そして、5,6年生。

ここは持ち上がりで2年連続
同じ担任。

名前はK内。

夫が単身赴任だとかで
始終イライラして生徒に
八つ当たりをしているような
女教師でした。

そして何が気に入らないのか
彼女は私のことを目の敵にしていまして、
事あるごとにいちゃもんをつけてくるのでした。

ある朝も彼女が何かがきっかけで
生徒を怒っていて、
何人かの生徒を立たせてたんですね。
で、怒っている途中でいきなり

「トラ子(呼び捨てです。今の時代と違いますから)
あんたのその顔は何?憎たらしい顔してるわね~」

(って、生まれたときからこの顔で別に
睨んだりしたわけでもなく、普通にしていたんですよ?)

「トラ子以外の物は技術室へ行ってヨシ!あんたは
1人でここに居なさい」

と1人ぽつんと教室に残される私。

さっぱり分かりません。
憎たらしい顔って完全に向こうから
つけてきた因縁じゃないですか。

その他にも家庭科でエプロンに刺繍を施すという
授業があったのですが、
それを完成させてくるのが宿題になったんですね。
私、ミシンは苦手なんですが
手縫いは結構好きで、刺繍も家にたまたま
色々なステッチが載っている本があったものですから
すっごい張り切って仕上げたんです。
当然、うちには毒母しかいないから
手伝ってくれる人などおらず、
自分1人で完成させたんですよ。

なのに・・・・。


提出した途端、K内が発した言葉。

「どうせ、コレ、自分でやってないんでしょ」

そしてエプロンを投げ捨てるように
ダンボールの中に。

その学期の家庭科の成績は
「もうすこしがんばりましょう」
にされました。

本当にショックでした。


卒業直前に生徒の親が教室に来て
一緒にお弁当袋を作るというイベントが
あった時もこんな感じでした。

その時、毒母は何故か来られなかったので
私は1人でお弁当袋を縫っていたのですが、
隣にいたYちゃんのママが
「あら~、あなた随分と几帳面に
縫うのね~。機械みたいだわ」
と褒めてくれて、そこへK内が通ったので
すかさず、
Yちゃんママは
「ね、先生、トラ子ちゃん、すごい
上手だと思いません?」
と声を掛けたのです。

するとK内はフンっという感じで私の方を見て
「えー、そうですか?Yちゃんの方が
ずっと上手ですよ」
と言ったのです。

もうこの女は何が何でも
私を認めたくないんだな、と思いましたね。

これ以外にも色々なエピソードが
あるんですが、
(クラスで登校拒否になった子がいて
それを私がいじめていたからだろうと
K内に追求されたり)
5、6年生の頃は学校生活が
楽しかったはずなのに
K内のせいで、今でも胸の傷が疼きます。


つい最近、mixiにて
自分の卒業小学校のコミュを見ていたら
K内の話題が出ていたのでビックリしました。
まだ教師をしているそうです。

てっきり嫌なヤツだから癌か何かで
ポックリ死んでいるんじゃないかと思っていたのに。
嫌なヤツほどやっぱり長生きするんだわ。

地元の友人とは音信不通の為、
クラス会の連絡などは来ないのですが、
mixiによれば、
K内を交えて、同窓会をしたらしく、
今の私だったら出席して
当時の事をチクリと言ってやることが
できるのになぁと思ったのでした。


この後、中学、高校、職場でも
K内のような女に目をつけられ
いじめられ続ける私です。

って事はやっぱりいじめられる原因は
私にあるわけ?
そんなに憎たらしい顔?
それとも前世でのカルマ??

と今でも色々考えてしまいます。

結婚してから5年以上経ちますが、
その間はお陰さまで
いじめ女には出会っていません。
カルマが解消されたのでしょうか?
それとも今はお休み期間で
今後またいじめ女が現れるのでしょうか・・・。


続きを読む

スポンサーサイト
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : お局 目をつけられやすい 女教師 嫌われる

プロフィール

トン子

Author:トン子
トラ子→トン子へ改名したので
文中の名前がややこしくなってるかもしれません…。
今年の1月で毒母と絶縁してから7年経ちました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも一覧

スローライフで円満夫婦

ときたま(MEGU)日記☆
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。