FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

幼い頃の記憶。

鬼母に関する一番古い記憶は多分3歳くらいの時。

今の住所に引っ越す前の家で、間取りなどは
うっすら記憶に残っています。

子供って小さい頃いたずらするでしょう?
それが子供の仕事で成長の証だと
自分が出産してから知ったんですが、
うちの母はそれを全く知らなかったんでしょうね。

普通は子供に触られたくないものは
その辺に置かないじゃないですか。
それを怠っているのは自分なのに
子供が何かを触ると気が狂ったように
キレてせっかん。

その時は何で怒られたのか
さっぱり覚えていないのですが
とても長く、早く終わってくれないかなと
ひたすら思っていたのは覚えています。

ちなみに自分の物が無くなっても
怒られるのは私。
結局、後から自分がどこかへ
しまい忘れたことが判明しても
当然私に謝罪などしません。
むしろ
「お前がいつもいたずらばかりするから
疑われて当然だ」
とばかりに開き直ります。


「愛を乞う人」という小説の中に
母親が保険証をなくし、主人公である娘が必死で
探しまくる(見付からないと殴られるから)
というシーンが出てくるのですが、
まさに自分の過去とドンピシャでかぶり、
泣けてきました。

私の手元に誕生~入園直後までの
アルバムがあるのですが、
笑っているのは0歳代の頃のみ。

あとは全部暗い顔をして無表情で
写っています。

母親から虐待をされていたことを
物語っていますね。

一番古い記憶の長いせっかんの時であろうと
思われる写真があるのですが、
アゴに絆創膏を貼ったまま
カメラ目線を外し気味に雛人形の前で
写っています。
(多分泣きつかれた後に撮ったもの。
後に祖母の話で、アゴの傷はライターで
火傷を負わされたものと判明)

よくこんな状況下で写真を撮影しようという
気になったと思いますが、
母は妙に写真撮影に執着していて
どんなに楽しくないシチュエーションでも
無理やり撮らされるんです。
だから私はますます笑顔が作れなくなる。
でも母は撮影時に笑わない私が憎くて
さらに叩き、ポーズを取らせる。
悪循環です。

幼稚園に入ると身体的な事で
ネチネチと言葉の暴力も始まりました。

他の園児の写真を見ながら
「Y子(毒母は平気で私の友達の名前を
呼び捨てにします)はこんなに
可愛い顔をしてるのに、なにお前の
このひねくれた顔は!!!」だの
「お前は色が黒いからピンクなんか
似合わない!ガリガリでゴボウみたい」
などという言葉を日々浴びせられつつ
育った私。

言霊って本当にあるんですよね。

「ありがとう」という言葉をかけられ続けたご飯と
「バカ」とか「死んじまえ」という言葉をかけられ
続けたご飯では、
前者は綺麗に発酵したのに
後者は黒カビだらけになって腐ってしまった、
という実験結果見たことありませんか?

私は黒カビらだけのご飯と同じでした。。。。

幼稚園ではすっかり暗い子になってしまい、
自分を出せる場所などなかった。
唯一、優しかった父の前では安心できたかな、
その頃は。

でも父に甘える私に母はひどく嫉妬をするので
その点でも非常に気を遣っていたと思います。

ちなみに父が私にお土産として買ってきてくれた
お人形などの類は全て
母親が後から取り上げて、
居間にあるショーケースのような所に飾っていました。

毒親って精神年齢が低いとよく聞きますが
(まぁ低くなければあれほどの毒は出ません)
まだ幼稚園の子供と本気で張り合うんですよね。

父がアイスを買ってきたとして、
私や弟が自分の好きな物を取ったとします。
そこへ毒母が後からやって来ると
残っているアイスはヤダとごねて
「トラ子が持っているのがいい」
と奪われるんです。

普通の親だったら
「好きなの選んでいいよ。お母さんは要らないから」
ですよね?

我が家には子供が3人いるようだと
よく父も言っていました。

でもまだこの頃は母の毒性はマシな
方だったように思います。

だって、この頃住んでいた家は
懐かしいって思うんですから。
まだ楽しい記憶もそれなりに
あったんでしょうね。(母とではないにしろ)


母の毒が猛毒化したのは
私が幼稚園年中の時に弟が生まれ、
小学校入学を機に、
今、実家がある住所に引っ越したことが
きっかけだと思います。

あ、ちなみにこの引越し前に
母は内職の仕事をしていたのですが、
その仕事を持ってきてくれる男性と
不倫を始めたのもこの頃です。

子供といってもそっち系の知識は
妙に詳しくて、
この2人はいけないことをしている・・・
でもそれをお父さんに言ってはいけない
と思っていました。
その男性に対しての嫌悪感も何となく
ありました。

父はまだこの頃は気付いていなかったのかな。
その男性、我が家の引越しの手伝いにも
来ていました。
(我ながら記憶力良いな。書いているうちに
どんどん映像が鮮やかによみがえってきます)



スポンサーサイト
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

tag : 毒母 ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トン子

Author:トン子
トラ子→トン子へ改名したので
文中の名前がややこしくなってるかもしれません…。
今年の1月で毒母と絶縁してから7年経ちました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも一覧

スローライフで円満夫婦

ときたま(MEGU)日記☆
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。