FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

愛着障害(続き)

今回は本の中で「あるある」「なるほど」と
思った箇所を抜粋してみたいと思います。


●一見安定した対人関係を保っているケースでも親との愛着が不安定な場合
そこには愛着障害がひそんでいて、ストレスがかかったときなどに
不安定な面が表面化しやすい

●誰に対しても親しげに振る舞うのも愛着障害の一種。
誰にでも愛着=特定の愛着対象を持たないということで
対人関係が移ろいやすい。
(↑公園などでよく見かける親に放置されている馴れ馴れしい子
ってこのタイプなのかしら。誰にでもベタベタしてくる)

●愛着障害の人の特徴の一つは、過度に意地を張ってしまうこと。
それが自分の不利益になると分かっていてもどうしてもそれを
止められない。
(↑これ、私の事です…)

●親が不安定な愛着スタイルの持ち主の場合には、親自身も柔軟性を欠き、
子供に対して無理強いや支配的な対応になりがちな為、
子供も同じようなスタイルを身に付けやすい。


●回避型や不安型の愛着を示す若者の場合、キャリアの選択が
なかなかできず、かといって十分な模索をするわけでもない。
時間がかかった割にはわずかな見聞や情報だけで決めてしまうという
傾向もみられる。自分の選択に対する満足度も低い。

●13歳の時点で愛着における不安傾向が強いほど
その後の3年間で学校の成績が下降するリスクが高かった。
不安定型愛着の人は大学に進むと高校時代よりも成績が
下がってしまうが、安定型愛着の人はそうした傾向はみられない。


●子供時代のネガティブな体験(悲しい・腹立たしい・不安な)
を思い出すようにいわれたとき、

回避型⇒回想に長く時間がかかる
不安型⇒ネガティブな体験はすぐ思い出せるが
    楽しい記憶は逆に時間がかかる

安定型⇒どちらの記憶にも同じようにアクセスできる


回避型は傷ついた体験に向かい合うのを極力
避けようとネガティブ体験の想起に対して強力な防衛が働く。


●不安型も回避型も安定型と比べると仕事の満足度が低く
仕事のストレスや燃え尽きも多い。
安定型が仕事を順調に行える要因としては、家族との関係が
良好で、恵まれた支援を受けやすく、それが仕事にプラスに
作用することが挙げられる。
一方、不安型は家族との関係が不安定で支えられるどころか
足を引っ張られてしまうとういことが起こりやすく
仕事に影響すると考えられる。
(↑思わずウンウンとうなずいたわー)



そして本の第4章で
またちょっとした診断テストが入ります。

1.自律型
2・愛着軽視型
3.とらわれ型


私は、1の自律型でした。

これは安定型の愛着スタイルに相当し、
愛着の問題はおおむね認められない。
虐待やネグレクトを受けた場合でも
それを乗り越えた人はこのタイプを示す…
となっています。

2の愛情軽視型は脱愛着の傾向を示し、
過去の傷つき体験に蓋をすることで
心の安定を保っている。

3のとらわれ型は親との傷ついた関係が
今も生々しく心を捉えている。傷を受け止め
乗り越えるということが出来ていない。




また長くなりました。
一旦切ります。

スポンサーサイト
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トン子

Author:トン子
トラ子→トン子へ改名したので
文中の名前がややこしくなってるかもしれません…。
今年の1月で毒母と絶縁してから7年経ちました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも一覧

スローライフで円満夫婦

ときたま(MEGU)日記☆
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。