FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

愛着障害(続きの続き)

これでラストです。


●愛着回避と愛着不安がいずれも強い愛着スタイルは
「恐れ・回避型」と呼ばれる。
(↑巻末のテストで私が該当したもの)
1人でいることは不安で人と仲良くしたいと思うが
親密になることで強いストレスを感じたり傷ついてしまうという
矛盾を抱えている。
人間嫌いなのに人と関わり相手を信じようとするばかりに
傷つくことも多くなる。相手の些細な行動も自分を
ないがしろにしているように受け取ってしまい
信じられなくなる。

(なるほどねー。自分が人間関係で悩んできたのは
全て愛着障害によるものだったのか。
うっすらと分かってはいたものの、人付き合いが苦手
というのは自分の努力が足りないからなのかと
思ったりもしたから腑に落ちました。)


●通常の対人関係においては愛着スタイル同士が
パートナーになった方がうまくいく。
逆に不安定型同士が関わりあうと些細な事から
大きなトラブルになりやすい。
安定型-不安定型カップルの場合でも安定型同士の場合と
遜色なくうまくいく研究結果がある。
安定型の人は不安定型の人を安定させる働きがあるのである。
(↑これも激しく納得ー。私が初めて付き合った相手、
宮川君も恐らく不安定型の要素を持っていたんじゃないかな。
とにかくトラブル続きで疲れ果てました。
今の旦那は完全な安定型なのでこの10年私の情緒は安定していますね)


●幸運にも安定した愛情の持ち主に出会い、その人から
変わらず関心と支えを受け続けることが出来た人は
次第に愛着の傷が修復される。
愛着障害を癒す最大のポイントは安定した愛着により
変わらない愛情を注ぎ続けられるということなのである。


●愛情不安が強すぎるゆえに親しい人が自分の元を
離れていくというのは愛着障害の人がたどりやすい悪い
パターンである。
(分かる分かる、重い女になっちゃうんだよね)
そうならないためにも強すぎる愛着不安を
コントロールする術を学んでいかねばならない。

●愛着の傷を修復するためには安全基地を確保し、
子供の頃の不足を取り戻したり、周囲に受け入れられるといった
共感的、体験的なプロセスが必要だが、
これとは別にもうひとつ認知的なプロセスが必要である。
子供の頃のネガティブな体験ははっきり言語化されないまま
もやもやとした記憶として心に巣食っている。
この膿を外へだし、その時味わった思いを
ネガティブな情動と共に吐き出す必要がある。


●過去の傷と向かい合う段階を徹底的に進めていくと
ある時期から変化がみられるようになる。
親の否定的な面ばかりではなく、良かった面や
愛情を受けた事にも向き合うようになる。
全否定ではなく、親はそれなりに愛情を注いでくれたのだ
とトータルな視点で受け止められるようになるのだ。

(えーー。ホントに?!私はまだまだ膿を
出し切っていないのかしら…)

●そのとき、親の事を憎んでいるのではなく
愛していると気づくこともある。親を愛し、求めているからこそ
憎む気持ちが生まれたのだと受け入れられるようになる。

(とてもそんな時が来るとは思えませんが…


●愛着障害の克服には
誰かに親代わりになってもらい、育て直してもらう
というのがあるが、実はもうひとつ方法がある。
自分自身が「理想の親」となって、後輩や若い人たちを
育てるという方法である。
(理想の親とは程遠いけれど私が子供たちを
育てている事が自分自身の癒しになっている…という事か?)



と、うまくまとめるのが苦手なので
こんな感じになってしまいましたが
色々と興味深い本でした。

本の中には沢山の著名人が出てくるのですが
その中でも「夏目漱石」が気になりましたね…。

漱石には何故か昔から惹かれる私なのですが
彼とは愛着スタイルが「恐れ-回避型」で
一致している事もあって親近感を覚えるのかしら。










スポンサーサイト
にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

tag : 愛着障害 毒親

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつもブログ拝見させていただいてます
義母が毒の者です

思わず読み入ってしまいました
うちの旦那さんは 多分「回避型」かなーと

本当、忘れちゃってるのか 思い出すのに時間がかかる感じがズバリ
あんまり話そうとしないとゆうか 無理に考えたくないって感じが
だって普通、嫌な事 話し出したら止まらなくなると思うのに
何とも切ない話です
だからこそ 知らないからって 他人が無理やり 嫌な事思い出させちゃいけないなと思いました
本当、距離開けて じっくりゆっくり自分の時間を持ってもらうのが良いなと思いました

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

トン子

Author:トン子
トラ子→トン子へ改名したので
文中の名前がややこしくなってるかもしれません…。
今年の1月で毒母と絶縁してから7年経ちました。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも一覧

スローライフで円満夫婦

ときたま(MEGU)日記☆
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。